月と太陽についてと地球の構造について勉強

月などについて勉強しました。地球からの平均距離は、384401kmです。脱出に必要な速度は、2.38km/秒です。満月の明るさ(平均)は、−12.70等級です。月の光は、太陽の光が月の表面で反射されたものです。太陽は、自ら光を放つ恒星の1つです。太陽は気体のかたまりです。赤道半径は、696000km(地球の約109倍)です。1自転する時間は、25日9時間7分(恒星を基準)と27日6時間36分(地球を基準)です。各部分の温度は、プロミネンスは約7000℃です。彩層は6000〜1万℃です。黒点は4400〜5000℃です。光球表面は約6000℃です。中心部は約1550万℃です。明るさは、−26.74等級です。スペクトル型はB+Vです。次は、地球の構造についてです。大気と水と太陽のエネルギーが地球の生物をはぐくんでいます。地球の内部構造は、地表での重力の大きさや地震の波の伝わり方などを調べて推定できます。知らないことが知れて良かったです。ミュゼ 予約

先日、クラフトビールにはまっていらっしゃる

さきほどまで、ビールといえばキリンとかアサヒとか大手のクリエイターのをそれほど飲んでいた。しかも発泡酒とか第3のビールとか、いまひとつこだわらずに飲めればいいくらいの気分だったのだけど、最近になって、クラフトビールにはまってしまった。
ウェブサイト特ダネや小説で話題になっていることも多いし、近所のモールの売り場が広くなって、たくさんのシリーズのクラフトビールを売り出したから、軽い気持ちで飲んでみたのだけど、最初は、そのシリーズの多さにびっくりして、こうしたビールもあるんだという力抜けがすごかった。ビールといえば、炭酸強めで渋い賜物だと思っていたけど、緩いビールも酸っぱいビールも、不条理苦々しいビールもある。ワインも全国酒もスピリッツも、こういう多様性には負けるという。多々呑み比べてみたくいけど、とにかく普通のビールよりは割高だし、シリーズがありすぎて、自分の道楽がいまひとつつかめない。
調べてみると、入場費用だけで色々なクラフトビールを呑み見比べできるような事柄も行われているようなので、次の事柄には行ってみたい。そうして、飲んだ行為のないビールを大勢呑み比べて、自己流の山盛りを探したい。内面のビール観ががらっと変わってしまって、困りつつも、新しいビールとの触れ合いが楽しくて仕方がない。ミュゼ 鼻下

あるテレビ番組を見たあとにバレーボールを見た

18時くらいから放送されているテレビ番組を見ました。このテレビ番組は毎回違うことを学ぶ番組です。今回は駿河湾で深海魚について学んでいました。珍しい深海ザメが続々と登場していました。名前は見たままの通りの名前がほとんどでしたが、深海のサメは目がすごく大きくて、深いところにいるから目が大きいのか分かりませんが、目が大きくて見た感じだと本物ではないようなサメだったし、初めて見たのですごく勉強になりました。そして、「2016リオ五輪 バレーボール世界最終予選」をテレビでやっていたので、見ました。今回、日本はオランダとの試合でした。途中から見ましたが、そのときには1セット目が始まっていていましたが、日本はオランダに負けていました。でもリオ五輪に出場できるので、良かったと思います。オランダはボールを打つ強さがありますし、高さがあるので日本にとっては大変な相手なのかもしれません。それでも諦めずにやっていました。今すぐお金借りたい

うわさ言っちゃ駄目ですよね。調子に乗って。

元朝日新聞で28階級も勤めた女性が身元も高販売も捨てて辞めたとして、それらのキャリアや所見を話した文献がリリースされ話題になっているようで、とある図書にも出ていました。初耳でした。上っ面はアフロという奇抜な念頭でお世辞にもカワイイとは言えません。けれども朝日新聞でさほど長く勤めたのならその経験話は読みたいですね。次、本屋で見つけようと思います。ところでその人が図書で自宅では電力を概して使わないと話していました。夜はベランダへ出て、家屋の光源とかを眺めて妄想しているとか。持ち物もラジオ、ライト、端末だけなんて言ってましたね。毎月の電気料金は168円といった自慢していました。この時点でウソついちゃ禁止でしょと思いました。自慢したい気持ちは分かりますが。だって土台料で千いくら掛かるんですもん。そんな一気に洩れるウソは駄目ですよねえ。けれども自宅でそれだけ電気を通じてないと言うことは外におけるほうが長いということですよね。それでも外部がプラスかかりますよね。銭湯なんか400いくらですもんね。コインランドリーもそう。外食も自炊からプラス掛かる。この人、とても気がついてないのかなあとして見てました。ミュゼ vio 効果