「可愛らしい印象派」という公式を読みました。

印象派の画家といえば、わたくしはルノワールをたちまち思い起こします。「ジュリー・人まねの肖像、あるいは猫を抱きつくお子様」という作が好きです。図書館をめぐって、「美しい印象派」という小説を見つけました。小説の題名の通り、窓口も可愛くて、ページを開くと可愛らしくて胸がときめくようなイラストレーションがたくさん載っていたので、借り受けることにしました。わたくしは犬が大好きなので、犬が登場するイラストレーションも紹介されていて、心地よくなりました。また博物館で見て感動、フォルトゥーニの「国中ジャンル部屋における画家の子どもたち」が紹介されていました。小説として、色々な作に出会うことができました。こういう小説の中で一番に気になったのは、メアリー・カサットの「浜辺で遊ぶ子どもたち」という作だ。むくむくして、ぷくぷくした赤ん坊の軟らか身だしなみが描かれていて、素敵だなぁと思いました。メアリー・カサットは断じて知らなかったのですが、今度博物館をめぐって、メアリー・カサットの作をみてきたいとしてある。様々な明るい作に出会うことができた小説でした。マカサプリ

近所の銀行にて、久しぶりの出金手続きをした

本日は、手持ちのお金がほとんど無かったので、銀行に出金の手続きをしに行ってきました。久しぶりに出金をした額面は5000円でした。この5000円でなにをしようかと考えたかというと、お菓子を購入しようと考えていました。毎日15時頃に飲むコーヒーの粉もなくなって来たので、それを買う分のお金は残す感じでの買い物でした。
 最近ポイントカードの類をざっくり紛失してしまったので、買い物自体をする気もなくしてしまっていたところです。ただ、そのおかげで、お金を使わずにすむという効果的な対策にもなっています。実のところ実家暮らしなので、余分なお金を使わずとも暮らして行けるにはいけるので、お金を使わなくてもいい感じではあります。なので、このままカードの類が見つからない方がむしろいいのではなかろうかなどと、思ったりもしています。ただ、それでも甘いものを無性に欲しくなる時がきてしまうので、そういう時のために貯蓄は必要なのだろうとも思います。ミュゼ 予約

なぜか『肉食べたい症候群』に陥っています

基本菜食主義で、肉は栄養補給の食べにそれなりに食べていたものの、格別に好きというほどではありませんでした。
ところがここ最近、やけに肉が食べたくて仕方ないんです。
そもそものきっかけは、春先に貧血気味になり、鉄分補給で赤身肉を食べないとなあと思い、何度か牛や豚の赤身肉を食べたことです。
それがすごく美味しく感じて、貧血が解消されてからも何故かことあるごとに食べたくなるように。
しかも、薄切り肉じゃダメなんです。ステーキのような厚切りをかぶりつかないと満足できません。
ステーキ、高いじゃないですか。そう簡単には食べられませんよ。
そこで、焼肉用のちょい厚切り肉で、グラム単価は高いけど少量パックで500円以内ぐらいの牛肉を買ってきて、家で焼いて食べています。
それならまあプチ贅沢ぐらいの出費で済みますから。
とりあえず週に1〜2回そんな感じで肉を食べればなんとか満たされるかあなあという感じです。
それにしてもなんでそんなに肉食べたい症候群に陥ってしまったのやら。
そしていつになったらこの症候群が治まるのでしょうね。見当もつきません。銀座カラー

ブログ日記の記事作成で残り800円分もらえる

本日は、インターネットでお仕事のやりとりができるサイトで、テーマは自由のブログ日記の記事の作成のお仕事に延々取り組んでいます。この仕事で得ることの出来る報酬の総額が、全てこなせたとして、残り800円分となりました。1記事につき32円の報酬を得る事ができる案件です。なので、単純計算をすると、800円÷32円で25記事分の記事を書かなければならない計算ができます。
 他のサイトであれば、報酬の一部数パーセントを持っていかれるところですが、私が今取り組んでいる仕事に関して言えば、持っていかれる報酬のパーセンテージはゼロのサイトです。なので100パーセント受け取ることができます。この方法では、サイト側が儲からないのではなかろうかとも思ったりするのですが、別の依頼形式の仕事で報酬を得ているのでしょう。サービス案件ということでしょうか。とにかくこなせば、こなすほど報酬を得る事ができるこの仕事を利用しない手はないということは間違いないでしょう。脱毛ラボ 値段