投資は愚行か、はたまは人生修行か

就職してまもなくから、投資を続けています。
知識もなにもなかったのに、よくやる気になったものだと今では思います。
しかし、不思議と投資が恐ろしいもの、という感覚はまったくありませんでした。
初めて購入したのは投資信託で、成果は若干の元本割れ。
あれから数十年の歳月が流れ、その間、性懲りもなくいろいろな投資商品に投資してきました。順風に恵まれた時期もあれば、すべてがダメという逆風に晒された時期もありました。結局、収支はどうなのかわかりません(本音は、、、知りたくない)銀行預金にしておいた方がよかったのかもしれません。ですが、そういう愚かさのなかで、自分なりに悟ったことがあります。それは、「投資は人生と似ている」ということ。輝きを放つ時期もあれば、失意に沈む時期もある。しかし、投資の世界に「吹き止まぬ嵐はない」という格言があるように、もう二度と輝きを取り戻すことはないかに見える状況下にあっても、新たなステージに向けた準備が静かに、しかし着々と進んでいるということ。流動的な世界のなかで、自分の復元力を信じたい。