先日、クラフトビールにはまっていらっしゃる

さきほどまで、ビールといえばキリンとかアサヒとか大手のクリエイターのをそれほど飲んでいた。しかも発泡酒とか第3のビールとか、いまひとつこだわらずに飲めればいいくらいの気分だったのだけど、最近になって、クラフトビールにはまってしまった。
ウェブサイト特ダネや小説で話題になっていることも多いし、近所のモールの売り場が広くなって、たくさんのシリーズのクラフトビールを売り出したから、軽い気持ちで飲んでみたのだけど、最初は、そのシリーズの多さにびっくりして、こうしたビールもあるんだという力抜けがすごかった。ビールといえば、炭酸強めで渋い賜物だと思っていたけど、緩いビールも酸っぱいビールも、不条理苦々しいビールもある。ワインも全国酒もスピリッツも、こういう多様性には負けるという。多々呑み比べてみたくいけど、とにかく普通のビールよりは割高だし、シリーズがありすぎて、自分の道楽がいまひとつつかめない。
調べてみると、入場費用だけで色々なクラフトビールを呑み見比べできるような事柄も行われているようなので、次の事柄には行ってみたい。そうして、飲んだ行為のないビールを大勢呑み比べて、自己流の山盛りを探したい。内面のビール観ががらっと変わってしまって、困りつつも、新しいビールとの触れ合いが楽しくて仕方がない。ミュゼ 鼻下