友人の文芸部部長の彼女

私が高校生だったころのことです。
当時私は文芸部に所属しており、その文芸部の部長は昔からの友人でした。
その友人には、別の学校で私とも昔なじみの彼女がいて、私も時々会っていました。

ある日、私はその部長の彼女から電話で相談を受けました。
どうやら最近部長に他の女性の影があるということらしく、何か気付いたらそれとなく教えて欲しいというものでした。
そういった機微に疎かった私にそんな心当たりはありませんでしたが、ちょっと気にして見てみようと思いそのお願いを了承しました。

部活での様子を見ていて分かったのですが、確かに何だか部員の女子一人との接触が増えているように思えました。
何だか個別に連絡を取り合っているような様子もあり、私は思い切って友人に聞いてみることにしました。
予感は的中し、友人はその部員の女子と付き合っていると私に話し、そのことを彼女には黙っていて欲しいとお願いしました。

私はその場では黙っていることを約束しましたが、もう彼女が感付いている以上いずれバレるのは明白だと思い、部長の彼女に全て話しました。
その後当人達の間でどのようなやり取りがあったのか結局聞けずじまいでしたが、部長と彼女はその後も付き合っていたようなので、解決はしたのだと思います。

関連サイト:浮気問題で困ったら探偵に電話相談

0 Words

夫の浮気や不倫を許す妻の心理

若かりし頃は、もし自分が結婚した時に旦那さんが浮気でもしようものなら、毎日泣き明かして、それこそ食事も喉を通らないくらいに悩み、げっそり痩せるほどやつれるのだろうと思っていました。
そのため、「浮気なんてばれないようにやてくれればOKよ」という女性の心理を全く理解することが出来ず、どうしてそんなに無理をするのだろう?と思っていたのでした。

でも、最近はなんだか解るような気がします。
いや、勝手に自分が彼女達の心理を理解したと思い込んでいるだけなのかもしれません。

浮気や不倫を許す心の広い彼女達の心理と、今の私の心境は違うのかも知れませんが、最近は、私も夫がもし浮気や不倫をしていることが発覚したとすれば、あまり動じることなく平然としていそうな気がするのです。
理由は実にシンプルです。

一緒に生活してゆくうちに夫に対して、恋愛初期や新婚の頃にあったような恋心が薄れてしまったからだと思います。
むしろ、真面目過ぎて女性の扱いもろくに知らない夫が何処かの女性を相手にして、そういった術を外で学んできてくれたほうが、私の結婚生活は今よりも心地よいものに変わってゆくのではないだろうか?とすら思ってしまうのです。そしては私は電話で不倫相談をしました。

そして夫の浮気や不倫という事実を振りかざし「ならば私も・・・」と、自分が浮気や不倫に走ることへの許可を夫に請うてしまうかも知れません。
そんな冷めた妻よりも、浮気に泣かされているような奥さんのほうが辛いけど、愛があるだけ幸せなのかも知れません。

1 Words

しょせん1番にはなれません。

以前に職場の同僚と不倫をしていました。
私が勤めていた職場に彼が中途で入ってきて、私のほうが部下だったのですが、いろいろと職場や仕事のことなど教えているうちにそういう中になりました。

わりと残業や出張が多い職場だったので、一緒にいるうちにお互いのことを気に入った感じです。
一緒にいる時間が長く、一緒に泊まったり、休日に出かけたりすることもありました。

よく「結婚していなかったら、結婚したのにな。
」「ちょっと会うのが遅かっただけだよ。

」などと言われたりもしたのですが、周りで不倫をしている子も、そんな言葉をよく言われていると言っていたので、相手のことが好きなのは好きだったんですが、全部は信じちゃいけないと、心に言い聞かせるようにしました。
実際、休日一緒に出かけた時に、彼の子供が熱を出して、吐き気がしたと奥さんから電話が来て、彼の様子が変わったのを見て、奥さんと自分との愛の量の比較では負けていないと思っていたのですが、家族を背負っている責任感は、私のところには来ないような気がしました。

一番じゃなくてもいいとか思っていたのですが、自分で思っている分にはいいですが、実際そんな態度を見ると、切なくてしょうがなかったです。
そんなときに、ずっと不倫をしていた友人が彼と別れて、それを見ていたら、いろんな重荷がなくなったようで、すっきりして見えて、私も別れようと決意しました。
不倫相談所できるところにしましょう。

0 Words

遠距離恋愛と年下の彼氏

学生バイトで出会った彼。
それは年下の彼だった。
私が、同じ年だったら好きになっていただろうな…と感じる彼からの告白。

年は2つ違うけれど、カッコ良かったのでOKをだした。
彼は年の差を埋めるために、リードを頑張ってくれた。
休み時間もマメに教えてくれて、一緒に休憩もとった。

一緒に花火もした。
彼は、バンドもしていたため、彼の音楽も沢山聞いた。
彼の影響で音楽の趣味も変わった。

楽しいひと夏の恋愛だった。
彼とは、ひと夏の恋愛、私は学校があるため田舎をさった。
今度は遠距離恋愛の始まりである。

はじめは、連絡をマメに取っていた。
会っていないと、だんだん話す内容もなくなり電話が面倒になった。
声は聞きたいけれど、話す内容がない…本当に困った悩みである。

そのうちに、彼はおねえちゃんの友達と付き合うことになったと…連絡があった。
年上キラーなのか…遠距離の末に浮気された結果である。
遠距離恋愛は工夫しないと長続きはしない。

別れた痛みは、彼とのこの距離と会わない時間が解決してくれるだろう。

1 Words

一度くらいは・・・・

不倫や浮気はしてはいけないと言う観念が強く働きすぎれば、目の前にいる魅力的な異性を異性として見ないようにすることにもつながりかねません。
基本的に家庭を壊すようなリスクのある不倫などは厳に戒めるべきですが、異性を異性として見ないようになると、それはそれで詰まらない人生にもなりかねないリスクがあるのではないかとも思います。
警戒をしすぎると安心で安全な人生にはなるものの、いささか詰まらない人生になってしまうかもしれないとも思えます。

やはり家庭を持ってはいても生身の人間である以上、男は男であり、女は女です。
そこには偶発的な出会いもあれば、人には言いにくい感情も存在するわけですので、多少の過ちは仕方がないのではないでしょうか。
一度くらいは・・・・・・という言い訳はよくないかもしれませんが、一度くらいなら構わないのではないかとも思います。

ただ、本当に一度くらいで抑えられるのならばです。
ズルズルと何度も繰り返し、家人に知られるところまでになると家庭内離婚から、さては本物の離婚へと暗い道を辿ることになります。
それだけは絶対に避けるための万全策をまず考えて、それから不倫するのなら、一度くらいはいいのではないでしょうか。

万全策を考えられないならすべきではありません。

0 Words

そういうサイトって本当にあるんですよね

以前にネット掲示板で「痴漢してほしい」という女性からの書き込みに対して実行した男のニュースがありました。
実際男が痴漢してしまった女性はその本人ではなく逮捕されてしまったのですが、そういうサイトって本当にあるんですよね。
痴漢だけでなく、セフレや浮気相手、または自分の性に対する趣向のパートナーを募集したり。

普通に過ごしている人からしたら「そんな世界が本当にあるの?」っていう内容だと思います。
サイトに登録しているプロフをのぞくと20~40代の人たちが多いように思います。
既婚者して活動している人も多いようです。

登録数は圧倒的に男性が多く、女性からの募集があると必死な様子も伺えます。
募集内容は、「今日暇なのでサクッとHできる人募集」「気軽にイチャイチャしませんか?」「裸を見せてください・見てください」「一緒に活動できるパートナー募集」だったり、毎日気軽に掲示板に書き込みされて「結果報告」なんて板もあり「こんな体験しました」と書き込みされます。
バブルの頃はテレクラがこれにあたるのだと思いますが、当事者しか知りえない話でした。

現在はネット上で、検索がヒットすれば誰でも知りえる掲示板で性に関する募集がされております。
しかも無料です。
個人的にはとても気軽に浮気ができる世の中になったんだなと感じます。

0 Words